01

  • 加賀百万石の城下町「金沢」は
    一途に文化を深めた稀有なまち。

  • 金沢は加賀百万石の時代から
    武家文化でありながら、庶民にいたるまで、
    茶の湯を嗜み、小唄を口ずさむ。
    そんな日本の中でも、特に文化の薫りに溢れたまちです。

  • 様々な文化が互いに影響しあい、
    豊かな工芸文化に心動く。

  • 金沢を中心に豊かな工芸文化が今もあります。
    伝統に裏付けされたものづくりの精神は、
    金沢人の美意識の結晶のように美しく、
    金沢の<まちごころ>を写し取っているかのようです。

  • DISCOVER MORE
    金沢の工芸を詳しく見る

02

  • 石川金沢の文化を育んだ
    まちの人々の思いが詰まった空間

  • アゴーラ・金沢の空間は、金沢を中心とした
    地元の人々によって作られています。
    県木である能登ビバをふんだんに使い、
    そこここに金沢の文化の匂いが散りばめられています。

  • 地元の職人気質をみつけ
    そしてその質感を味わってほしい

  • いちえ・ラウンジの広間の茶の湯をイメージした、
    能登檜葉の天井の下に人の集いが生まれます。
    その天井に吊られたパネルには、
    加賀藩2代当主の前田利長が築いた高岡に伝わる
    高岡銅器の伝統の技が込められています。
    ギャラリーの特徴的な棚には、釘を使わずにしなりを生かし
    強度を出す伝統的な継ぎの技を駆使しています。
    そのほかにも古来から伝わる加賀染の暖簾や、
    地域の住まいにも取り入れられてきた
    輪島に代表される漆塗りなど、
    あちこちに文化の肌触りを感じることができます。

  • DISCOVER MORE
    金沢の食を詳しく見る